黒川圭のプロフィール

高校生くらいから遡り、私の人生を簡潔に書いてみました。

17歳(マネーリテラシーゼロ。FX、オンラインカジノで大損)

中高一貫校で自堕落な生活を高2まで謳歌しました。

無駄に好奇心旺盛、お金に対する興味は強かったのでお小遣いを使ってFX、オンラインカジノなどに没頭。尽く失敗し、人生で最初の挫折を味わいました。

18歳(一念発起の大学受験)

高2までの度重なる悪行を反省し、一念発起で東大受験に挑戦しました。

毎日13時間の勉強を1年間続け頑張ったものの、結果はあえなく不合格。まぐれで(?)受かった早慶に進学することに。

19歳(失敗は再び。仮想通貨の短期トレードで60万円の大損)

大学受験で燃え尽きてしまった結果、自堕落な生活が再開。当時初期のバブルに差し掛かっていた仮想通貨のトレードを始めたところ、50万円の利益をゲット。すっかり調子に乗ってしまった私は、親からお金を借りてさらなる利益を目指しました。

結果は当初の利益は吹っ飛び、親から借りたお金も返せないほどの大損に。親からたんまり絞られ、短期のトレードは金輪際辞めることを誓いました。何をやっても失敗してしまう自分が悔しく、マネーリテラシーを高めようと勉強を始めたのがこの時期です。この辺りから小額で株式投資を開始。

20歳(アメリカ留学)

海外ドラマ「ゴシップ・ガール」を観てアメリカ留学を決意。パツキン美女と付き合うことを夢見て意気揚々とアメリカに乗り込んだものの、ドラマと現実は違うことを痛感することに。

特に大きなイベントもなく帰国。

21歳(海外インターンに参加。しかし一週間で帰国)

留学の失敗を取り戻そうと、3ヶ月の海外インターンに参加しました。親から飛行機代の30万円を借りて意気揚々と渡航したものの、現地のオーナーと喧嘩して一週間で帰国。親からは「何をやってもダメなやつ」の烙印を押されることに。

22歳(就活。親を見返すために頑張った結果商社内定)

周りに流されながらも、就活を始め、次第に両親に認められようと考えるようになり、最終的に、外資金融と商社をメインに就活。

外資金融は全滅したものの、ギリギリ商社に拾っていただいた。

23歳(入社)

商社に入社し、営業部門に配属。初ボーナスで所得税と厚生年金保険料の多さに驚愕。かといって起業できるほどの実力もない私は、サラリーマンとして所得の最大化を目指すことを決意しました。

現在

比較的ホワイトと呼ばれる部署でノンストレスに社会人人生を歩んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です